僕と彼女の15年愛ストーリー

彼女と慈しみ愛し合い12年目にして人生で忘れられない旅行を経験をしました。魂を揺さぶられ息もできないぐらいの熱い気持ちを何かに記したい!そんな想いから始めた二人の出会いからを綴った真実のストーリーです

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

カップル喫茶 最終章

二度も美緒子さんをカップル喫茶に付き合わせてしまった。

今現在でもあの時の自分の行動が理解できない。

身も心も結ばれ、男女の域も越え、人としての信頼の絆もできて 支え合い、お互いの心を正面に向かい合えるかけがえのない大切な存在の彼女に辛い恐い想いをさせてしまった。

前記した「どんな恋も三年で冷める」俗説を正当化するわけではないが、私の中ではマンネリ化したデートに刺激が欲しかったのかもしれない・・仕事の重圧もかなりだったのもあるかもしれない。

もちろん彼女を大切に愛していたからカップル交換など頭に微塵も無かった。

でもコトバでは、他の違うカップル喫茶に行ってみたいなどと口走ってる自分がいた。

彼女は健気に私に付いてきてくれてはいたが、当時相当 悩み苦しんだようだ・・このままタカシがエスカレートしていって・・

いくら愛するタカシでも道を大幅に逸れてしまうと追いていけるのかと・・

美緒子さんには俗説の三年は当てはまらなかった。

むしろ歳月と共に愛する気持ちは強く深く、

好きで好きでたまらない脳内ホルモンは上がり続けていた。

この年齢まで人をこれほどまでに、本気に好きになったことが無いから 歯どめが効かない などではない・・

大いなるチカラなのだと 後々わかっていく。

しばらく彼女とはギクシャクしたが私の中でいつの間にかマンネリ感覚?が消え去り 新たな二人へのステージ移動していった。

今でも苦い思い出ではあるが忘れられない体験だった。







PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。