僕と彼女の15年愛ストーリー

彼女と慈しみ愛し合い12年目にして人生で忘れられない旅行を経験をしました。魂を揺さぶられ息もできないぐらいの熱い気持ちを何かに記したい!そんな想いから始めた二人の出会いからを綴った真実のストーリーです

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

神話の伝わるパワースポット

2011年が明けた。

JRのCMで

仲◯由◯江さんが、長い廊下を渡っているシーンだった。

青空の下、何処かの神社か朱色の長い廊下を笑顔で歩くシーンになぜか惹きつけられた。


調べてみると

そこは桃太郎のモデルとされる鬼退治の神話が伝わる神社であった。


一月半ばにタカシのところを訪れた時

寒い時期だしどこも行かずでゆっくりするつもりだった。


この時は金曜日からは、行くことができなくなり急遽土曜日の朝の新幹線で到着していた。



彼が、奇遇にもわたしが見たCMの場所に行ってみないかと言ったので驚いた。


タカシもCM見て行ってみたくなったと。


この地に転勤してきてから4年過ぎ、この春には異動の可能性が充分にあった。


お互い口には出さないものの、何か予感みたいなものを心に秘めていたのだろう・・・幸せな新婚生活も・・・二人であちこち観光地巡りできるも あと僅かだと・・・





T 「お昼食べてないから神社に行く前に釜飯が美味しい讃岐うどんのお店行こう〜」


M 「釜飯もあるうどん屋さんなんだ〜また新しい讃岐うどんが食べられる🎶」


T 「仕事で二回くらい行ったけど、その地元では老舗の人気の店なんだよ〜」


M 「それはますます楽しみ〜(^.^)」


道路沿いにある瓦屋根のお店で2時近いのにお客さんで溢れかえった活気あるお店だった。

軽く100席以上はある店内は満席で賑わっていた。


讃岐うどんはコシが強くツルっと口に入ってきて噛むとシコシコモチモチ感がいいのです。

出汁もしっかりした味わいで箸が進んだ。

釜飯も本格的で驚いた、タカシとシェアしたが

お腹いっぱい大満足だった。


それからしばらく走り

その神社に着いた。


新年はさぞ混雑するだろう 立派なここにしかない様式な社殿だった。



ご利益は 縁結び、夫婦円満、長寿、安産、学業、現金収入アップで人生を豊かにしてくれるパワースポットとなっているとの事。


御参りしながら歩くとCMの長い回廊に着いた。

実際に見ると圧巻だった。

本殿と末社などをつなぐ398メートルの回廊が延々と続いている。

山の斜面に沿って一直線に続く緩やかなスロープに規則正しい配置の柱、

そしてわたし達以外に誰もいない。




壮大な景観に不思議な世界に入りこんだようだった。


鬼退治の神話が伝わり、桃太郎伝説のルーツになった 神の山のエネルギーを受けたパワースポットだった。



その神社で買ったお守りは今も私のバッグの中にある。



PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。