僕と彼女の15年愛ストーリー

彼女と慈しみ愛し合い12年目にして人生で忘れられない旅行を経験をしました。魂を揺さぶられ息もできないぐらいの熱い気持ちを何かに記したい!そんな想いから始めた二人の出会いから綴った真実のストーリーです。

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

🍫ホワイトデーin🗼前編

ホワイトデー☺

今年こそはしっかりお返しをします‼・・・

ってblogでも宣言した私ではありましたが、いつも通りに慌ただしい年度末に突入。


何をどうしよう?・・・いろんなプレゼントの考えが浮かんだものの安易にお食事デートプランにした。


場所を先ずは何処にするか?・・・・結局のところ定番スポットしか出てこなかった(≧∇≦)


それでも、ちょっぴり贅沢で夜景の綺麗なディナーを、初めて会員予約サイトに登録して、お得なパックディナーを予約して行って参りました。


ホワイデーの前日ではありましたが月曜日の仕事帰りに都内の地下鉄の駅で待ち合わせ。


昨日のオープン戦観戦に続き連日のデートである。



当然待ち合わせ指定の駅名で、どこにデートに行くかはバレバレであったでしょうが、ディナーのお店は内緒のまま。


タイミング良くお互い待たずに改札前で合流して地上へ‼︎

もう出たら有名過ぎるタワーが当然見えるのだが、久しぶりに間近で見ると圧倒的なパワーを感じた。






そもそも私が登ったのは、小学生以来であり、夜景を楽しむのは初めてである。


なんだかんだで美緒子さんも、たまに遠くから見る存在であり、久しぶりの登頂である。



すぐにタワーに到着・・・真下から見上げる姿も圧巻である。





寒さも忘れて少し首が痛くなるほど眺めていたが、夜のタワーも圧倒的な迫力を感じた。



そして真下にはチョッパー君がお出迎え‼︎ 私も美緒子さんも、あまりはよくわからない超人気漫画のキャラクターだが観光客の人集りが出来ていた。







そんなはしゃいでる外国人のワンピースファンを暫し眺めていたがタワーに入場。


エレベーターは待ち時間無しで一気に到着。









M「うわぁ〜!とっても夜景がきれい〜(≧∇≦)」


T「かつては東京で一番高い150メートルの展望台だったのでしょうが、現代においては同じ高さのビルの夜景でいっぱいだね〜‼︎」



そんな事を話しながらゆっくり一周して景色を楽しんだ。

噂どおりスカイツリーは高過ぎてビルの屋上ばかりだけど、東京タワーは同じ目線で迫力ある夜景が楽しめると・・・



M「タカシー観覧車が遠くに見えますよ〜」








はしゃぐ美緒子さんだったが、14年前に初めてのデートでキスしたのは、あのゴンドラだった。


T「そうだねぇ〜‼︎忘れられないね〜!あの日の事は・・・」


☆★☆参考記事☆★☆美緒子さんとの初デート



そんな昔の事を思い出しながら・・・


エレベーターは空いていたが日本人カップルや外国人観光客でいっぱいである。


一周したところで二人ゆっくり窓の手摺に寄り添った。


周りは手を繋いだり肩を抱いたり、そんなカップルだが私達ちは触れるか触れない程度の密着感である。


近くのバーでは男女のカップルが楽しいそうにロマンチックな夜を楽しんでいる。





そして暫くゆったり眺めながら・・・



T「これからあそこで夕飯食べましょう!」


そう言いながら、ある場所を指差した・・・




M「えっ?どこなの?・・・あそこ?ホントに⁉️大丈夫なの?」


そんな驚く美緒子さんを促し展望台を降りるエレベーターに乗り込んだ。



もちろん驚くのも無理はないが、それなりのグレードでそれなりの金額であろうと容易に想像できた・・・



そして美緒子さんにとっても忘れられない記念すべきHotelでもあった・・・



M「3年ぶりのディナーですね〜!」


そんなワクワクして喜ぶ美緒子さんを、もっと驚かしてあげるぞ~って思いながら、三年前の楽しかったディナーを語り合っていた・・・・・。



☆★☆参考記事☆★☆3年前の夜景を見ながらのお泊まりディナーの思い出

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。