僕と彼女の14年愛ストーリー

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

🍫ホワイトデーin🗼後編

ゆっくり景色を眺める間も無くエレベーターは地上に着いてしまった。



改めて見上げるタワーはやっぱりカッコいいし、物凄い圧倒的なパワーを感じる。








ゆっくり歩き出したが、人の流れもほとんどない事を良い事に、しっかり寄り添い腕を組んで歩いた。




M「タカシ〜うれしい〜!あの場所で食事できるなんて〜」



T 「ミオコの輝かしい思い出のホテルだよね!」



そのホテルは美緒子さんがある賞を受賞したときの会場であった。






そびえ立つホテルはタワー同様のスケールに圧倒された。



ゴージャスなロビーからエレベーターへ向かった。



服装も気をつけないとと思いながら、結局いつもの通勤スタイルで申し訳なく感じた。


美緒子さんはドレッシーにコートの中は春らしいピンクと白の花柄のワンピースだった。



最上階の店内に入り豪家で静粛な雰囲気にたじろんだが、紹介サイトを通じてのパック予約なのでどっしり構えた私でした。









フリードリンクのコース料理なのでお財布的に安心していた・・・



残念ながら窓際の席はまたワンランク上の別料金の設定になっていたので見送ったが、空席が目立った。



それでもまぶしいくらいの東京タワー見ながら、まずはシャンパンでカンパ〜イ❗️







ゆっくりと次々と料理が運ばれて来たがどれも私達を楽しませてくれました。
















時間も特別予約なのでゆったりの3時間コース・・・・



料理自体はそこそこの量であったが、フリードリンクでお腹はいっぱいに。


シャンパンに始まりビールに🍷ワインに🍸カクテル🍹たっぷり堪能した私達でしたが、美緒子さんも目を輝かせ、嬉しそうにしている姿に私自身満足感いっぱいになった。


M 「タカシ〜素敵なホワイトデーをありがとう〜今日も忘れられない夜になりました」


食事を終えてHotelを後にして時計を見るともう22時を廻っていたが、もう一件行くほどの時間もないしお腹いっぱいだし・・・


どうしようか?迷いながら、まだちょっぴり寒ったが、辺りをゆっくりと歩いていた。



そしてまだまだ夜景が綺麗な東京タワーを見つめながら美緒子さんに、こう呟いた!




T「一緒に東京タワーをバックに手のひら写真を撮ろう!」



かなり酔ってしまった私は年齢も忘れ恥じらいもなく、流行りの🗼手のひら写真を強要したのである。




はじめは恥ずかしいと嫌がっていた美緒子さんだが・・・




M「タカシー!こっちこっち〜!ここよ〜この辺よう〜!早く〜!」



T「エッ?😲・・・・・」



M「写真お願いできますか?」と



そばに居た若いカップルに臆する事なくスマホを渡して構図をも指定する美緒子さんだった。



なぜが私が酔いが少し冷めて恥ずかしさが溢れたが、もう既に時は遅し。



M「タカシ早く早く〜!」



結局美緒子さんにしきられた私が、ソワソワと寄り添い📷記念写真🙀





自分が撮りたい言っておきながらもう顔から火が出るほど恥ずかしかった私なのですが・・・


若いカップルの彼女が・・・


「私達も撮って貰っても良いですか?」



暫しそんなやり取りをしながら過ごしたが駅へと向かった。


来週最終回を迎える最新クールの連ドラ、日テレ水曜22時“東京タラレバ娘”の名シーンを真似たものである。


そんな連ドラであるが超面白い・・・
内容解説はムラゴンBlogのシナリオライターの“珠さやか”さんが描いてますので参照ください。



☆★☆参考記事☆★☆東京タラレバ娘



そしてまだまだ週初め月曜日・・・別れ難い想いも溢れたが、きっちり別れてそれぞれの家路に向かった。


そんなホワイトデー・・・豪華なディナーもさる事ながら、やっぱり改めて感じる🗼東京タワーの迫力・・・・



まさに私にとってのパワースポットであるし、もちろん美緒子さんにとっても・・・



少し不思議なチカラに包まれた夜だったに違いない。

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。