僕と彼女の16年愛ストーリー

彼女と慈しみ愛し合い12年目にして人生で忘れられない旅行を経験をしました。魂を揺さぶられ息もできないぐらいの熱い気持ちを何かに記したい!そんな想いから始めた二人の出会いからを綴った真実のストーリーです

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

初めての国立新美術館デート 

師走の忙しさの中、気が付けばもうブログ投稿から3ヶ月もご無沙汰しておりました。


シーズン終盤のDeNA快進撃により美緒子さんのベイスターズ愛がより一層過熱して、二人のラブストーリーBlogが、まったくプロ野球ブログに占拠されていましたが、久しぶりのデートネタ であります。



夜のテレビニュースで秋口から始まった日本を代表する建築家の展覧会が終盤を迎えたがまだまだ盛況であることが伝えられいました。


もちろん知ってはいたのですが、内容紹介にビックリ⁉


・・・思わず画面に引き込まれてしまいました・・



なんと美緒子さんと行った思い出の2つの島の作品が取り上げられ、大きな模型がある事を初めて知った。




そして早速美緒子さんに連絡


T「実は今開催されている国立新美術館の展覧会で一緒に行った“直島”と“淡路島”の国定公園の作品が展示されているんだけど行かない?」




そう尋ねると、直ぐにOKマークで応えてくれた。



早速だが閉幕寸前の週末の金曜日に、会社を少し早く切り抜けて美緒子さんと美術館前で待ち合わせをした。



まだ就業時間中であったのですが勝手にプレミアムフライデーと称し寒い冬空の夕暮れの16時過ぎ・・・



あまりに目立つ場所でしたので少し離れたままアイコンタクトだけ・・・。





もうあまりに壮大な建物に感動しつつも夕暮れデートにはピッタリ・・・


初体験の国立新美術館であります・・・


そして中に入って更に洗礼されたデザインと豪華さにうっとり・・・




チケットは美緒子さんが早めに来て買っていてくれたので、素早く受け取った。





混雑する中二人少し離れたまま行列に並び暫くして入場した。






あまりにも有名な彼の数多くの手掛けた建築物に圧倒された・・・異色のボクサー出身で自ら独自の発想で創り上げた作品に驚愕な驚きを覚える。


館内もかなりの混雑であったが早々にお目当ての、あの島のコーナーへ


ここは写真撮影が許されており、彼の作品だけでなく島全体の情景までも演出されていた・・・




いつしか少し近くに寄り添ったが会話はすることなく、二人はあの8年前の事を思い出していた


真冬のとっても寒い日ではあったが晴れ渡る空と澄んだ空気、雄大な自然とアートに包まれ、ただただ時間を忘れ・・・


無人島かのように二人きりの世界を楽しんだこと・・・

時間の止まった島・・・このままいつまでも海を眺めていたかったことを・・・



☆★☆参考記事☆★☆



そして次は昨年の秋に訪れた淡路島の国立公園・・・
海と山に囲まれた大自然の中、数多くの感動とサプライズもあったが心に残る忘れられない想いでの場所である。



その壮大な公園の模型の中に二人を投じて、道順通りにあの時見えたもの、会話したことを思い返していた。


ここは写真は撮れないのですが昨年の秋に訪れた場所なので情景なはリアルに思い出すことができた。



☆★☆参考記事☆★☆



それから閉館ぎりぎりまでしっかり、すべての作品を見て回った。




そして最後に外会場の教会に移動して、とっても寒かったが暗いのを良い事に、この日初めて彼女の手を握りしめた。





暫くの間、壁に凭れかかっていた私であったが次第に美緒子さんとの距離が近くなり過ぎて美術館を後にした。



六本木の街は私達には眩しすぎる程のイルミネーションに溢れていた。







このままどこかに入ろうか?

なぁ〜んてっ・・・とてもじゃがないが落ち着かないし、お財布も心配だし早々に電車に乗り込み地元でのお気に入りの店に向かいました。


☆★☆参考記事☆★☆



もうその日は話が尽きることのなく楽しいお酒と料理を楽しんだ。



なぜかタイミングピッタリに瀬戸内の魚とお酒も出てきてまたまたびっくり‼︎


淡路島の地酒



瀬戸内の“さわらの塩焼き”



やっぱり私達には相性の良い、お気に入りの隠れ家でありました。



しかしながらミオコさんはスイッチが入ってしまったようで・・・


また早めにデートの約束を取り交わし別れました。
もう今年も残り僅か・・・スケジュール的にはかなり厳しいと思いつつ



早くなんとかしないとと、気持ちの逸る私でありました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。