僕と彼女の14年愛ストーリー

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

梅雨空に独り言

梅雨本番になり昨日は大雨と風でしたが夜には星も見えました、そして夏至でしたね。




今年も早いもので半分が過ぎていきます。


最近月日の流れをすごく早く感じます。


職場の同年代での話題も終活の為の老活話が増えています。


いろいろ考えさせられる今日この頃です。




いつかは別れの日が訪れる‥‥
どんな状況、カタチか考えたくもない‥‥



以前書いた記事にもありますが逢うは別れの始まり‥‥会者定離‥‥


先日タカシが


T 「ミオコと毎日一緒の日常だから妻と久しぶりに一日中外出すると喧嘩したわけでもないのに違和感みたいのを感じて疲れた」


M 「えっ、そうなの?嬉しいような、でも複雑な気持ちです」
彼からそんな言葉は初めてでした。


T 「ミオコと一緒にいるのが居心地が
良すぎるよ、だいじな人‥‥居なくなったらどうしようと真剣に思う‥‥元気でいてくれよ」



M 「私だって同じ気持ちです。あなたがいなければ生きられない・・・
伝えきれないくらいの感謝と愛なのだから」
いつになく胸が熱くなった。



女性だから
好きだよ、かわいい、若いね、その服似合うね等々言われるとこんな年齢でも嬉しいですが
彼が私の元で芯から心穏やかに羽を休めてくれていることを私自身感じられることが一番の喜び幸せです。

恋は自分本意、愛は相手本意と言われていますがいつまでも彼の癒し、心のスイートホームでありたいです。


もちろん以前からもその気持ちはありましたがお互い支え合った年輪と共に良きにも悪しきにも依存度高くなっていきます。


この関係故に将来は見えないけれど‥‥
愛するがゆえに不安にもなりますが‥‥
別次元ですがたとえ夫婦でも先々はわからない‥‥
音楽のようにその人によって音色が違うように
これからも私達のハーモニーを奏でていきたいと思います。


彼がブログを始めて来月三年目を迎えようとしています。


単身赴任時代の新婚生活、二人旅や昨年からの野球デート、今でも昨日のことのように描ける奇跡の未来旅行と数えきれない思い出の数々‥‥
過去記事読み返しては想い出に浸ります。
こんな年齢になっても恋心を持ち続けられ、14年過ぎても色褪せることもなくますます愛は強くなっています。


いつも私を好きでいてくれてありがとう✨
いつも私の話を聞いてくれてありがとう✨
いつも私の側にいてくれてありがとう✨
いつも私を笑顔にしてくれてありがとう✨
いつも私を幸せにしてくれてありがとう✨


あなたに出会って世界が変わった✨


これからもずっとずっと心の夫婦✨
いつも隣で人生歩ませてください💑
最初で最後の究極の愛だから✨🍀





今日は梅雨の晴れ間でかなり暑くなりそうです🍧
独り言を読んでくださりありがとうございます。





◇おまけ◇
交流戦⚾️こんなかわいい画像見つけました。


交流戦⚾️波乗りTシャツ👕一人外野観戦

一昨日快勝のマリーンズ戦に続き、なぜか連戦でハマスタへ観戦しに来てしまった。


交流戦ベイスターズ🆚バファローズ初戦第1戦です。


実は一昨日は念願だったムラゴンbloggerマルハ大洋スポーツのそとださんと2年越しのお誘いが実現して夢のようなマニアック一球実況解説を堪能して連勝の喜びを分かち合ったのですが・・



昨日のお昼前に美緒子さんからメールが📨「実は友人と行く予定が都合が悪くなってしまって、タカシ誰かと行けない⁇」


(≧∇≦)もちろん連日はキツイしペアチケットなんて誰も誘えませんよ!当日に!


そんなことを言いながらも、美緒子さんから・・・


「波乗りイベントの限定Tシャツだけでも受け取れないよね?」





そんなマニアックな価値があるのかわからないのであるが、どうしても欲しいと言う彼女に代わり受け取りに行くことに。



3時過ぎに私の会社近くまで来てもらいチケットを受け取り、定時を過ぎた頃ハマスタへと出発した。




もうスタジアムに着いた頃は4回に入り2対2の同点でありました。



まずは入場してから限定オリジナルTシャツを受け取り、また1度退場して、もう1枚のチケットで再入場。


二枚目のTシャツを受け取りました。


Tシャツのプリントの選手は選べないのだが、倉本選手と戸柱選手をゲットした。








デッキ内は自分のお目当ての選手のTシャツかどうかで歓声が上がっていた。










そんなファン心理を考慮して交換希望の紙が用意され、皆さん思い思いに書いてアピールして、私もそんな人達と交換してもらい美緒子さん希望だったヤスアキTシャツをGETしました。
彼女にメールすると






M 「ありがとう〜交換までしてくれたなんてタカシスゴイ!!
嬉し過ぎます(*´∇`*)」



ようやく落ち着いて座った4回の裏に、その倉本のタイムリーでリード^_^



それから外野席からの観戦を一人楽しんだ。


ビッグフラッグが頭上に。








そして終盤、私の居るライトスタンドへ打った瞬間わかるホームラン。











ちょっぴり無理なお願いされて来たのですが、とにかく連夜の快勝を楽しみました~‼






☆★☆おまけ画像☆★☆
今朝のウォーキング遭遇カモ親子^^;

✴︎ホタル前線🌟北上中💫

全国的に梅雨入り宣言がされる中、合わせて西日本を中心にホタル鑑賞の話題が目に付くこの頃であります。


実は蛍前線と言うモノが存在して、今年もまた例年より早く観られるそうである。





普段あまり観る事のできない環境にありますが、実は忘れることのできない蛍の絶景が思い出されます。





あの“未来旅行”の桃の山の地に、初めて美緒子さんと訪れてからの二ヶ月後の事である。


それは2010年6月の南アフリカ開催⚽️ワールドカップ開催の年の出来事である・・・・


それも皆さんの記憶に残っているかもしれない1対0で惜敗した🇯🇵日本🆚オランダ戦の日であった。



あの頃単身赴任中時代の若い部下に紹介され県北の山あいの聞き慣れない村の蛍の名所を教えてもらった。



遥々1000キロ離れた私が住む単身赴任の地に週末、美緒子さんが遊びに来てくれた日の事である。


クルマでゆったり1時間以上、あちこち寄りながらのドライブで、ほたるの里に向かった。



もうそのホタルの感動は、二人が今まで経験してきたホタルを遥かに超え、想像を絶する世界が広がっていたのである。





降り注ぐ光りを手のひらに受け取り、儚いヒカリを二人楽しんだ、忘れられない喜びは、今でもしっかり思い出す事ができます。


そんな当時の心境を綴ったBlog記事があります。



今も尚色褪せない、大切な思い出である。




☆★☆ホタルを見に行こう!☆★☆その1





☆★☆ホタルを見に行こう!☆★☆その2




なんだか今年もどこかにホタルを見に行きたい気持ちになって来ました・・


・・・さぁ~て、どこに行こう?
どこかおすすめは、ありますでしょうかね〜?