僕と彼女の14年愛ストーリー

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

三日続けて逢えました🍀3日目

春みたいな穏やかな日曜日の早朝に今日の予定をメールしたらタカシも朝から車である場所までウォーキングに行くと返信が来ました。


なんでも会社の方からおすすめウォーキングコースを聞いていたので今日お天気も良いし行ってみようと思ったそうです。


M 「わたしも行ってみたい!行ってもいい?」


T 「ほんとに来る?
それなら家の近くまで迎えに行くよ!」


M 「え〜それはタカシが遠回りになってしまうし申し訳ないからわたしが電車🚃でいきます」


T 「実はミオコと歩けないかな〜と半分期待こめてメールしたんだよ!
一緒にウォーキングできるなら早く逢いたいし迎えに行くのが一緒に居られる時間も長いしね」


タカシもわたしも数年前からお互い自宅近辺を電話しながらウォーキングしていますが一緒に歩くことは数えるくらいでなかなかできていませんでした。


知らない街なら一緒に歩けるかなと嬉しくいそいそと支度をしました。



ウォーキングの軽装で彼のクルマに乗り、高速走りながら彼の好きな音楽聴き、今日も富士山🗻が綺麗に見えます。
生きている感謝の気持ちが溢れます。


長閑な川沿いの遊歩道や山道を並んで闊歩しました。
木々の間からの木漏れ日がキラキラと眩しく、まるで遠くまで来ているような‥‥
タカシが単身赴任時代にあちこち連れて行ってくれたようなそんな感覚を覚えました。




M 「気持ちいい〜都心からちょっとでこんな森林浴できるなんてね〜」


T 「そうだね〜ここは電車で走りに来る人も多いところらしいよ〜
たまに二人でウォーキングしに来よう!」


人通りがいない山道は手を繋いだりしながらワンコのお散歩を目を細めながらみながら一時間歩きました。


汗ばむくらいになり、二人ベンチに座り水分補給。
タカシの額の汗が光り、タオルで拭きながらシアワセをまた噛みしめました。


T「ミオコ青春だねー、
若い時に経験していないことを僕と出会ってからたくさんしてるね!」


M 「そう・・あなたに出会ってからわたしの人生が始まったの🍀」


全てがあなたと初めて尽くし・・・
初めて心の素顔を出せたわたし・・・

初めての本気な愛・・

初めての花火デート、蛍デート、秘境・世界遺産デート、ライブデート・・・
もちろん出かけた所だけではない身を切られるような遠距離転勤から生まれた新婚生活・・・
そして神様の導きを感じた奇跡な未来旅行・・・
身も心も素直になれ全てをさらけ出し・・・全身全霊愛し合い・・・
五感全てで感じ合い溶け合う。
お互い安心して寄りかかれ甘えられる存在。
そんな巡り合わせは奇跡・・・
こんな歳になっても色褪せることが微塵もなくこの気持ちがあり続ける・・・いえ、年輪重ねる毎にむしろ熱く強くなってる・・・
人生はいくつになっても青春はあるのだと。




知らないスーパーに立ち寄り買い物に付き合ってくれて家の近くまで送ってくれました。


こんなにしてもらって申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


タカシには感謝感謝です。


今日も自然に囲まれてあなたの背中を追いながら歩いたり、並んで歩いたり、時に手を繋いだりと真冬なのに心は春爛漫でした🌸



3日間も続けて逢えたのはタカシが単身赴任後こちら勤務になってからは初めてでした。


実は今週末も3日続けてラブラブデートが出来ました(*≧∀≦*)


二週連続での3日続けてデートとなりました。


なかなか不可能に近いことなので備忘録として記事にしました🍀



〈関連記事〉
自然の中を歩きながら思い出したたくさんのデートの中で・・彼が単身赴任中の6年前の今頃に連れて行ってくれた所です。

あの時間が止まった空間に

またいつか行きたい・・・

でももういまは観光客いっぱいであの頃とは様変わりかな・・・




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。