僕と彼女の14年愛ストーリー

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

✈️転勤シーズンを想う🚄・・



そろそろサラリーマンにとっては恒例の期末の転勤辞令のシーズンである。


タカシと美緒子の14年愛ストーリーも、転勤での遠距離恋愛抜きでは語れない。


今思えば懐かしく数々の忘れられない想い出を作った貴重な機会だったのだが、当時はもう生きるか死ぬかの絶望的な別れを宣言されたような、そんな転勤辞令でした。



お付き合いが始まって丸3年を迎える少し前の愛瀬中に突然上司から電話があり1000キロ離れた地名の転勤辞令に泣き崩れた美緒子さん
・・・・



☆◈☆参考記事☆◈☆突然の転勤辞令




誰一人知らない場所へ遠く離れ・・・

もう会えなくなり次第に二人の仲も終わりを迎える悲劇と思いきや・・・・


一緒に引越しを終えて過ごすうちに・・・



それはとてつもない深い愛の巣に変わり、二人が待ち焦がれていた三日三晩ずっと一緒に布団で過ごせる事が現実に・・・


願っても絶対叶わぬ想いと思っていたのに、出逢ってから2年半でそれが実現したのである。



そして夜から何度もなんども愛し合い果てては眠り、そしてスグにまた繰り返し,朝方も愛し合って更に深い眠りについてゆったり挿入・・・ポリセを楽しむ悦楽もこの頃初めて習得した。






朝の生理現象をそのままダイレクトに利用して美緒子さんを何度も天に昇らさせた事・・・







渡辺淳一 “愛の流刑地”の、「それを知っている女、知らない女 そしてそこに導ける男とそうじゃない男と」
余貴美子のセリフを実感できたこと・

・・・・・





☆◈◇参考記事◇◈☆愛の流刑地名シーン





そんな転勤シーズンそろそろ辞令が出るタイミングであるが私も今の部署で丸6年・・・十分に転勤対象者である。


やはりどこかソワソワして、落ち着かない時期ではあるが、もうそれなりに経験しておりいつでもどこでも覚悟はできている。



またどこか知らない町に行って美緒子さんと、ゆったり週末を過ごすことをちょっぴり期待してしまう私だった。


一緒に並んでスーパーでカート押しながらの買い物・・・美緒子さんの手料理を頂きながらゆったり晩酌する事・・・・


そして朝まで一緒に1枚の布団で過ごす事を思い浮かべる私であった。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。