僕と彼女の14年愛ストーリー

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

便利屋タカシの菜の花レシピ

週末出張で房総半島へと出掛けたのだが、お昼もコンビニおにぎりだけで済ませ慌ただしい時間を過ごしていた。


ほんとうは海鮮市場にでも寄ることを期待していたが、もうすっかり遅くなってしまいどこも寄らずに帰路に向かった。


乗り継ぎ駅で乗車時間まで20分余り・・ちょっと時間ありますね~って話していたら、駅横の臨時販売所に菜花がいっぱい並んでいた。 








実はちょうど二日前、NHKの“きょうの料理"で菜の花のナムルが美味しそうに紹介されていた。








もう新鮮さがわかったし、むちゃくちゃ安かったのでついつい多めに買ってしまった私である。


金曜日の夜の帰宅後・・・・軽く夕飯を食べて🍷ワインを飲みながら調理開始。



新鮮な菜の花の香りを感じながらしっかり洗って茹でたら鮮やかな緑色に輝いてテンションも上がる。


テレビで観たナムルに続いて辛子あえと、わかめのごま酢あえ、そして最後はちょっぴり贅沢に帆立のバター醤油焼きを作った。













一袋¥120で買った5袋はあっとう間になくなってしまったが、リーズナブルでとっても幸せな気持ちになった。



そして作り終えた頃は、ワイン一本空けて半分記憶があるようなないような・・・


それでも私は単身赴任時代に、NHKの“きょうの料理”を一緒にリアルタイムで勉強した、スナックのママさんを懐かしく思い出していた。


光子ママはどうしているだろう?いつも手料理をご馳走してもらい、豪華客船のような重厚なマホガニーのカウンターでウィスキーを飲みながら料理を教えてもらった事は忘れられない。


でもそろそろ75歳を越えたであろうママは元気にされているか?
お店は娘さんがしっかり受け継いでいるかな?
大切な思い出は鮮明に覚えている。



そんな事を思いながら眠りについたが、次の日の朝は菜の花料理の差し入れにクルマで叔母さんの家に向かった。


久しぶりの訪問で、もうすっかり腰も良くなられていたが寒くて古い木造住宅はやっぱりお年寄りには不自由さを感じた。


そしてさっそくタッパーから取り出して、旬な菜の花料理を堪能して頂いた。


「タカちゃ~ん!どれもほどよい味付けで美味しい~。」


そんな嬉しいお言葉を頂きながら、ダンボールの箱や新聞を片付けたり、邪魔でいらない不用品をクルマに積みこんだ。


最後は、「もう少し暖かくなったらおじさんのお墓まいりに一緒に行きましょう!」


そう約束して別れました・・・・・。



そんなもうすぐ春の訪れを待ち侘びたタカシの週末でありました。






☆★☆参考記事☆★☆一緒にNHK“きょうの料理”で意気投合した光子ママとの大切な想い出。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。