僕と彼女の14年愛ストーリー

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

桜シーズン🌸2017 その1

桜が満開になり、金曜日は職場のお花見会でしたが新年度でかなり忙しくヘトヘトだった私は
不参加に。
仕事が終わり、グッタリしながらロッカーで携帯を見ると
タカシが会社まで迎えに来てくれているとメール💌が💕
急いでエレベーターで降りました。


T 「お疲れ様〜迎えに来たよ〜
ミオコは相当疲れているのがわかったから送ってあげたくてね」


M 「ありがとう〜今週は凄くハードでキツかったの、タカシからのサプライズメールに嬉しくて一気に元気になっちゃった💕」


T 「それは良かった!夕飯の買い物したいよね?スーパーに寄るよ」


と職場から少し離れたスーパーへ。


タカシもわたしも初めてのお店にちょっとワクワク。
お互いの家の生活圏のスーパーでは見ない珍しい品があり新鮮であれこれ買ってしまいました。


M 「金曜日・・・このまま一緒の家に帰れたら
どんなにいいか・・・春の桜シーズンになるとあなたの単身生活時代を思い出すわ・・・」


T 「そうだね〜あの川辺の桜と春の風は忘れられないからね。
一生であんな心地よい風を感じることができるのはないだろうね。
そして別れの桜の悲しさ切なさも忘れられない」










思い出話に花を咲かせながらあちこち満開の桜を楽しみながらドライブ🚙🌸🌸🌸


ふと職場の人が言っていたお花見名所を思い出
しタカシに告げると


T「ここから数キロだよ、まだ帰らなくてよいなら寄って行く?」


M「行きたい!お願いします(^.^)」


お花見シーズンの土日はかなり賑わうと聞いていましたがお花見グループは何組かいましたが夜は☂️マークもあってか?意外に人が少なく静かでゆっくり歩けました。




お月様と松と桜が風情感じます。




高台にあり雲海のような景色を思わせるような場所もありました。
暗くなってきて灯が点いて・・・ちょっと寂し気です。



T 「そろそろ帰ろう!ミオコ早く帰らないと」


逢えたら帰りたくない・・・もっと一緒にいたい・・・
そんな気持ちが込み上げて切なくなります。


M「迎えに来てくれて逢えてお花見までできたのに淋しいなんて贅沢ですね」


T 「送迎付き買い物&お花見🌸便利屋タカシですから〜」


と名残惜しむわたしを笑わせてくれます。


T 「明日は予定ある?午前中雨大丈夫ならウォーキング行くからまたお花見🌸する?」


M「 明日は予定ないし一緒にお花見ウォーキング行く〜」


翌日の約束ができ、自宅そばまで送ってもらい帰途につきました。

短い時間でしたがタカシの優しい気持ちが有り難く、心癒され改めて感謝していました。





明日の天気予報は・・・微妙💧


雨降らないで・・・🙏

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。