僕と彼女の15年愛ストーリー

彼女と慈しみ愛し合い12年目にして人生で忘れられない旅行を経験をしました。魂を揺さぶられ息もできないぐらいの熱い気持ちを何かに記したい!そんな想いから始めた二人の出会いから綴った真実のストーリーです。

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

去りゆく夏、秋の気配

夏らしさを感じないまま9月になりましたがここのところ残暑🌤が続いています。



そんなある日、わたしの残っていた夏期休暇の日に彼も合わせてくれてランチデートしてきました。



観光地の主要駅なんて危険過ぎるので待ち合わせしたことは14年間で初めてです。
並んでは歩けないので彼の背中を追いながら・・・雑踏で見失う時も。
時折振り向いて確認してくれる姿に小さな幸せを感じながら🍀


海の見えるレストランに着きました。





T 「テラス席予約していたけど今日は暑いし、喫煙席らしいから内でもいい?」


M 「もちろんです(*'▽'*)」


入り口には三浦番長の歴代ユニフォームと
I⭐︎YOKOHAMAのタオルが飾られています。




そして店内いくつかあるモニターにはベイスターズの前日試合が流れています。







T 「なんなの⁇昨日の試合?消してくれないかなぁ〜😩」


と連敗が続いてしまっている横浜に意気消沈中の私達なのです(^-^;


海の見える窓際の席に着いてからは、青い空と海と行き交う人たちを眺めながらリゾート気分でシャンパンで乾杯🍾




T 「今日はミオコに元気を付けてもらおうと肉肉肉にしたよ〜」


M 「ありがとう😊嬉しい💖」


タカシは一気に飲み干し直ぐさま生ビール🍻をオーダー!










チキンポークビーフと夏野菜のバーベキュープレートはボーリュミーでスパイシーで美味しくいただきました!
ビール🍻も進みました✨☺️



デザートプレートもいっぱい(*≧∀≦*)
しっかり別腹😋完食しました。





お腹いっぱいの二人
海を離れがたくお散歩しようということになって。


T 「天気いいしシーバス乗るか!」



M 「ほんと?タカシと乗れるなんて嬉しい😆」
年甲斐もなくはしゃいでしまいました。


T 「昨秋の淡路島以来かぁ〜
デッキ事件を思い出すなぁ〜」


M 「それ言わないで〜😂



◇参考記事◇
昨年秋の関西旅です。








船室内ではなくデッキに座り秋を感じる海風に吹かれながらみなとみらい、赤レンガ、山下公園と向かいます⛴









意外にも中高年カップルが多かったです。
というか、乗客はそんなカップルだけだったような。





氷川丸🚢見ると心落ち着きます。





みなとみらいと山下公園散歩しながら中華街へ。






またタカシは1人テクテクと先を歩いていたのですが・・・



T「信じられない‼︎まったく行列がない‼︎
軽く食べよう‼︎」


M「えっ〜‼︎もうお腹いっぱいですよー😱」


T「大丈夫お粥だから!」





なんだかよくわからないままタカシに導かれ・・・

でもよくよく考えると超人気店とは知っていましたがわたしは初体験^_^






シェアしながらトッピングをのせて味わいました。





あんなにもお腹いっぱいでしたが優しい味を堪能しました。




そしてまたブラブラ歩いていると暑くなり、喉も渇いてきました。
大人気のふわふわかき氷の看板に
夏の名残を感じたく食べてしまいました。
今年はかき氷🍧食べた記憶はハマスタで一度だけです。


ふわふわで美味しかったです(^_^)





それから長く電車に揺られながらホームへ。
熱く愛おしい時間を過ごしました。



日暮れも日に日に早くなり、涼しい風に秋を感じます。
猛暑は嫌いですが去り行く夏は名残惜しく感じてしまいます。
今年も思い出深い夏を感じることができました。



この関係・・・この時代・・・
先はわからない・・・・
明日でさえわからないけれど・・・


一日一日を丁寧に生きて・・・


感謝と笑顔で今を過ごしていって・・・


その先・・・未来があるのかな・・・






今日はまた雨降り・・・


ベイスターズも秋の気配・・・
ずっとずっとシーズン頑張ってる彼らにも感謝とエールは送り続けます✨📣✨


夏を名残惜しみながら鉛色の空を仰いでいます。




最後まで読んで下さりありがとうございます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。