僕と彼女の15年愛ストーリー

彼女と慈しみ愛し合い12年目にして人生で忘れられない旅行を経験をしました。魂を揺さぶられ息もできないぐらいの熱い気持ちを何かに記したい!そんな想いから始めた二人の出会いから綴った真実のストーリーです。

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

キスの免疫力効果について

いつからだろう?・・・

あのテレビ番組を見るまでは気が付かなかった。


もちろん忘れてた訳ではないが、すっかり自分の体質が変わってしまったことを意識していなかった‼



その番組は芸能人がスタジオに揃い、有名な病院の先生を迎えて様々な病気に対しての知られていない事や最新治療などを紹介する番組であるが、その日のテーマのひとつは、ずばり〝キスは免疫効果を高める”!・・・であった。


それもキスはキスでも1分以上のディープキスを日常的に行えているかどうか?

要約するとキスを唾液の交換、などと考えると、非衛生的な感じがしてなりませんが、実はキスは免疫力を高めるうえでも効果的であるそうです。


細菌を口移しする(つまりキスをする)ことにより、抗体の生成が活発になりますが、これは予防接種をして体の健康を守ることと同じような効果を発揮している事になる。



唾液内の僅かなウィルスやバクテリアにさらされることにより、体の自己防衛機能が刺激され、こうした異物に対する抗体が体内で作り出されるようになるそうだ。

ビックリ~って・・・言うよりは、思いっ切り納得して頷いてしまった。


私は入院経験も何度かあり、大病を患ったことはないものの、よく発熱して風邪ばかりひいているそんなタイプであった。


20代30代の頃は、平熱も低く36度近くであり、37度あれば完全な風邪ひき状態で会社を休む、そんな弱いへタレな虚弱体質なサラリーマンであった。


いつも体温計と熱さましのクスリを携帯していたが、いつしかそんなものとは無縁となっていた。


思い起こせば、ここ10年以上インフルエンザに一度患ったことがあるが、風邪をひいた記憶がほとんどなかった。


月に1度は、発熱して休んだり早退したりしていた日々を今になって思いだした。


まさに長年の美緒子さんとのキス効果であり、抗体の生成が活発になっていったのであろう。




 

今更ながら自分自身の健康状態を実感した次第である。


そんな愛し合う行為から自然に得られたシアワセ産物であるが、キスより効果がある・・・「男性が本命彼女、愛妻だけにしてもらいたい事」があるらしい。


大きくはこの3つ・・・

①「膝枕で耳かき」

②「マッサージ(肩〜首)」

③「温かいハンドタオル(目)+ マッサージ(ふくらはぎ)


この3つが究極の癒しで、これが男性が心から癒される行為だそうだ・・・



考えて見れば行為そのものも充実でしょうが、心の満足度が更に高まるそうです。



そう言われれば、いつも美緒子さんはベッドでいつもまったりと、それらをしてくれています・・・

多少脱線して◯☆£Xマッサージになっていますが至福の時間を感じています。


今更ながら彼女の存在に感謝すると共に、健康である事の大切さを実感した次第であります。



まだまだ暑い夏はこれからが本番ではありますが、ベイスターズ後半戦の好スタートにも便乗し、忘れられない熱い充実した夏をリアルに感じたいものである。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。