僕と彼女の16年愛ストーリー

彼女と慈しみ愛し合い12年目にして人生で忘れられない旅行を経験をしました。魂を揺さぶられ息もできないぐらいの熱い気持ちを何かに記したい!そんな想いから始めた二人の出会いからを綴った真実のストーリーです

 彼女との長い長い純愛ストーリーを綴っています。
出逢いからの楽しいこと悲しいこと、激しく慈しみ愛し合った歳月を振り返りながら、12年目にして忘れられない奇跡の未来旅行を綴っています。
そして現代・・・益々愛し合う日々を送っておりますが、いつまでも仲良く過ごしながら、何気ない日常を綴っていけたらと思います。

St. Valentines’day 2018

最強寒波の襲来で全国的極寒の今冬です。


それでも梅の花が咲き始め、春の足音が聞こえてきています。


街中はハート♥️マークいっぱいのバレンタイン一色で今年もチョコレートの季節になりました🍫




タカシに初めてバレンタインチョコレートを渡したのは初デートから3日後の事でした。


娘達の友チョコ作りを一緒になって手伝うフリして一番ウキウキしながら作った当時の気持ちは今でもはっきり覚えています☺️

今想えば、あんなコテコテなハート型チョコばかりで、しかも真ん中に「タカシ♥️LOVE」なんてデコペンして、貰ったタカシも困っただろうと今更ながら反省😞


でも当時の私は乙女心満載少女の如くで、タカシの貰った後の事まで余裕ありませんでした😥

当然家には持ち帰れず、車の中で毎夜少しずつ食べてくれていました。



T 「まるで宝石箱のよう。美緒子さんの愛情がいっぱい詰まった一粒一粒をかみしめています」


タカシの優しい言葉が今でも残っています🍀






1000キロの遠距離時代の単身赴任期間は一緒に食べられるチョコレートケーキやフォンダンショコラ、ブラウニーを作って持っていきました。







近年は娘達も手作りもしなくなりオトナバレンタインになり、それに伴い私も。

職場の義理チョコもエコ?で激減してきています。

有り難いような?ちょっぴり寂しいような?



そんな中、毎年本命チョコを選べる幸せを噛み締めています。

彼を想い浮かべながら売り場を見るのは楽しいものです。

この5、6年はベルギー🇧🇪フランス🇫🇷チョコレートの老舗が続いているので

今年は変えてみたいと思います。


気になるお店を見つけ、行ってきました!




そこは駅前から外れた小さなお店ですが、フランス語で「小さな幸せ」という意味の今年オープンしたばかりのお店です。


『ひとくち口に含むと、思わず笑顔がこぼれる・・・

そんな小さな幸せをお届けしたい。』


・・・そんな店主の想いが溢れてるとっても甘い空間に暫しウットリ。


厳選した材料から、一粒。一粒。

心を込めて丁寧にショコラを作り上げているがわかります。








小さな1粒のショコラから始まる 至福のひとときを予感させてくれる。



シンプルなビターが好きな彼なのでお店の人にセレクトしていただき、一つは赤のハート♥️チョコを入れました。



彼の口に合うといいな☺️



こんな歳になっても・・・

こんな気持ちを抱ける自分がいるなんて・・・

昔のわたしからは想像だにできない。


バレンタインの想い出と共に2月はメモリアル初デートの大切な日があります。

15年前のあの日もとても寒い日

そしてあの日からすべては変わったのです・・・


奇跡の巡り逢い・・・導かれ・・・

初めて私は自分の生きる意味を知ったのです。




巡りいく季節の中でたくさんの山坂を手を取り合って歩いてこれたことに感謝しかありません。

許されぬ街道を決して肯定するわけではありませんが彼が居なければ家族もどうなっていたかわかりません。


再び運命の扉が涙を連れてきても

涙で絆は強くなる・・・

二人で沈まぬ船を漕いでいきたい・・・

かけがえのない愛のために

大切なもの、ゆずれないもの守りながら

「今」を共にあなたと生きていきたい・・・



バレンタインに愛と感謝をこめて





皆さまも大切な方、ご家族、御友人、お世話になっている方に想いおもいのハートフルなバレンタインを♥️




最後まで読んでいただきありがとうございます。



おまけ画像🍫


ベイスターズチョコレートが発売されたのですがすぐに売り切れだったそうです😅

どの選手が入っているかはお楽しみのようです。例え買えたとしてももったいなくて食べることができないまま賞味期限が来そうな私達です(笑)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。